収入証明書が不要なケースとは?

キャッシングを申し込む際には、本人確認ができる書類を提出しなければいけません。本人確認書類は、運転免許証・健康保険証・パスポートなどから1点用意する必要があります。

 

但し、提出する本人確認書類に記載されている住所と、現住所がことなる場合は、公共料金の領収書、住民票の写しなどのコピーを添付する必要があります。

 

他に必要な書類がある場合

通常、キャッシングを申し込む場合は、本人確認書類の提出のみのケースが大半となっています。

 

希望限度額が50万円以上の時

源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細(直近2か月分と1年分の賞与明細)の中から1点用意する必要があります。書類には、本人の氏名、勤務先名、年収、証明年度が記載されていることが必須となります。これは、希望する借り入れ額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合も提出する必要があります。

 

総量規制のない銀行

キャッシング会社では年収の3分の1までしか借り入れができないという、総量規制という法律がありますが、銀行であれば総量規制対象外となりますし、金利もキャッシング会社よりも低めです。銀行カードローンで100万円の借り入れがあっても、総量規制の対象外となるため、キャッシング会社で申し込みをすることが可能となるのです。

 

印鑑や保証人は不要です

キャッシング会社は、印鑑や保証人、担保は不要となります。また、外国籍の方が申し込む場合は、特別永住証明書などの提出が必要となります。本人確認書類として提出する書類に、マイナンバーが記載された書類を用いる場合は、個人番号が記載されいる箇所が分からないように隠して提出しましょう。

 

一般企業に勤めていない方の場合

個人事業主の方は、本人確認書類の他に、収入証明書の提出が必要となります。

 

必要となる書類

源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、給与明細、住民税決定通知書の中から1点用意します。発行年月日、氏名、勤務先名、総支給額の記載が手書きの場合は、勤務先の社印か社判が必要となります。用意した書類が認められるかどうかについは、担当者に事前に確認しておきましょう。

 

確定申告書の再発行をしなければいけない場合は、自分の担当区の税務署に行って、再発行を依頼する必要があります。再発行手続きは1件につき300円の発行手数料がかかります。担当区外の税務署に行くと、郵送扱いとなって数日かかります。

 

専業主婦でも借りれる?

専業主婦の場合は、配偶者の同意があれば限度額は低くなりますが、借り入れができます。その際には、本人確認書類の他に住民票の提出が必要となります。配偶者の収入で借り入れをするうえで、婚姻関係を証明する住民票が必要なのです。

 

但し、配偶者が個人事業主の場合は、別途収入証明書の提出も必要となります。配偶者の理解を得て堂々と借り入れをすることができる方は問題ないですよね。

 

主婦でも借りれるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

配偶者の同意がなくても借り入れができる?

楽天銀行・イオン銀行・みずほ銀行・東京スター銀行・三菱東京UFJ銀行・横浜銀行であれば、配偶者の同意書がなくても専業主婦が借り入れできる銀行です。中でも、イオン銀行と楽天銀行は最大50万円と限度額が大きくなっています。通常だと、限度額30万円が一般的となっていることを考えると凄いですよね。

 

楽天銀行のカードローンは専業主婦向け

まず、収入証明書の提出が不要。そして、入会すると1,000ポイント付いてきて、楽天などで使えます。もちろん、明細書が郵送されてこないようにWEB明細に設定することも可能です。申し込み方法は簡単です。ネットで申し込むと、受付案内メールが届き審査開始となります。担当者から契約内容の電話がかかってきたら、本人確認書類を送信します。後日、ローンカードが送られてきたら、口振依頼書を返送して完了です。

 

大学生でもキャッシング可能?

20歳以上でアルバイトで一定の収入があれば、学生でも銀行カードローンを申し込むことができます。例えば、三井住友銀行の場合は、300万円以内の借り入れであれば収入証明書の提出は不要となっていて、本人確認書類の提出のみで、申し込むことができます。

 

しかし、申し込み内容をよく見ると、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合は、両親の同意が必要ですと書かれています。また、利用限度額は、10万円以内となっています。申し込みの際には、本人確認書類、収入証明書、振込先銀行の通帳、印鑑が必要となります。

 

他にも、みずほ銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行、新生銀行レイクなどでも借り入れができます。詳細については、申し込み時に担当者から説明があるそうです。それから、横浜銀行のカードローンは、借り入れ限度額300万円まで・収入証明書不要・毎月の返済2,000円からと借りいやすい内容となっています。それに、審査結果は、自宅、会社、携帯から選べるようになっているので、周囲にバレずに申し込みができます。

 

みずほ銀行の場合は、借り入れ限度額200万円までなら収入証明書不要です。それに、みずほ銀行の口座を持っていればWEB完結申し込みで最短即日融資が可能となっています。審査結果もメールでの回答となっているので、内緒で申し込むことができます。

おまとめならこちらもチェック

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日